ブーフーウー株式会社 ブーフーウー株式会社
 
デザイン住宅 施工例 | 進行中プロジェクト | 土地を探す | 家を建てる | リノベする | マンションを買う  
消費税増税 特集 | 狭小住宅 特集 | 家づくりセミナー | オープンハウス | 資料請求 | お問合せ  

デザイン住宅
  Housing > デザイン住宅施工例 > オリジナルデザイン住宅 YN邸
   
 
建築概要 | プロジェクトレポート |
 
 

 

■2013.11月 竣工



2階のリビングルームです。高台で角地のロケーションを活かし、明るく開放的な場所となりました。




リビングコーナーを利用して、棚を造作しています。




1階のベッドルームです。半地下室があるため、道路より約1m高くなっており、外の視線が気になりません。



半地下階のベッドルームです。道路から約1m立ち上がった場所に窓を設けており、光が差し込み、風も抜けていきます。

■2013.7月 工事





工事が始まり、躯体が上棟しました。半地下部分が地表から立ち上がり、その上に木造2階が組みあがります。




リビングルームになる場所から見た景色です。高台に位置しており、眺めの良さがよく分かります。この開放的な場所にできるリビングルームが楽しみです。


 
 

■2012.10月 解体工事



既存の古家がある状態で土地を購入しますと、速やかに建物の解体となります。






シートで建物を囲い、近隣に迷惑をかけないように進めていきます。





大半は重機を乗り入れ、解体しますが、隣家が近い場所は慎重に手で壊します。





約2週間で綺麗な更地になりました。角地の開放感がとても際立ちます。。





既存の古家は道路より高い場所に玄関がありましたので、解体をすると土が盛られた状態になります。ここから半地下をつくりますので、下に掘り込んでいくようになります。


 
 

■2012.7月 プランニング

決定した土地は、高台にある眺めの良い角地。ただ、土地の面積16坪、建蔽率50%、容積率100%の一種低層住居専用地域の土地です。床面積を最大限確保すると、2階建てで、建坪8坪、床面積16坪の狭小住宅になります。4人家族の2世帯が住むにはコンパクトな土地でした。


そこで、私たちは半地下室をつくり床面積を確保するプランを検討しました。
建築基準法では、延床面積の1/3を限度として、住宅用途の地下室は容積率の計算に算入されません。よって、半地下室+木造2階建てで、約24坪の床面積を確保できます。






地下室は、完全に地面に埋まってしまうと、暗く閉鎖的な空間となりますが、この場合、地表より1m以内であれば、立ち上げることができます。そこに窓を設けることで、光を取り込み、換気をすることもできます。落ち着いたベッドルームとなります。

1階は、ご両親の部屋と、お風呂などの水周りです。半地下室を設けたことで、道路からの目線がはずれ、プライバシーの確保された場所となります。

2階はリビングダイニングルーム。高台の眺めのいいロケーションを活かし、大きな開口を設けることで、明るく開放的な空間としました。



二世帯住宅としては、コンパクトではありますが、半地下室をつくることで、必要な機能を満たし、家族が集まりたくなるような、眺めの良い開放的なビングルームのある家をつくりました。


 

 

■2012.2月 面談

クライアントは以前から9坪ハウスに関心を持たれていて、問い合わせをいただきました。


以下、面談時の主なヒアリング内容です。

・家族構成は夫婦2人と、新たに両親との同居により4人家族。
 将来的には子供が生まれる可能性もある。
・明るく、風通しの良い家。
・家族が集まりたくなるような気持ちの良いリビングにしたい。
・エリアは練馬区、板橋区など。

ご希望に合う土地をピックアップし、見学へと進みました。


■2012.5月 土地決定


北東側から敷地を見る


高台のため北東側は抜けの良いロケーション


北西側は公園の緑が臨める


道路も整備され、閑静な住宅地

                         
決定した土地は希望のエリア内、高台に位置した北東の角地。その北東に向かって、遮るものはありません。また北西側には公園の緑が臨めます。日当たり、風通し、ビューと、クライアントの条件をほとんど満たす土地です。

しかしこの土地は、しばらく売れていませんでした。理由は土地の面積16坪、建蔽率50%、容積率100%の一種低層住居専用地域の土地です。床面積を最大限確保すると、2階建てで、建坪8坪、床面積16坪の狭小住宅になります。4人家族の2世帯が住むにはコンパクトな土地でした。

   

   
▲ページ・トップへ戻る
イベント
  facebookはじめました
  facebookはじめました
プロジェクト情報、イベント情報を更新していきます。
  
  間口2.7m×奥行8mの細長ハウス
  間口2.7m×奥行8mの細長ハウス
都内、土地面積9坪の細長い狭小地に、間口2.7m×奥行8mの細長い住宅を計画したプロジェクトです。
  
  吹き抜けから光が差し込む、明るいリビングのある家
  吹き抜けから光が差し込む、明るいリビングのある家
都内、土地面積13坪、南側に10mを超える建物があるため採光が厳しい条件下で、吹き抜けを通じて、明るいリビングを計画するプロジェクトです。
  
  ダイニングキッチンを中心とした7坪の狭小住宅
  ダイニングキッチンを中心とした7坪の狭小住宅
東京都品川区、閑静な住宅街の中に建つ、木造3階建て住宅です。ダイニングキッチンを部屋の中心に配置することでキッチンを主体とした生活空間を実現しました。
  
   職住一体型、7坪の狭小住宅
  職住一体型、7坪の狭小住宅
東京都世田谷区、閑静な住宅街の中に建つ、木造3階建て住宅です。リビングダイニングは、外をしっかりと感じられる開放的な場所となり、プライバシーにも配慮した住宅となります。
  
  伸びやかに連なるリビングダイニングのある家
  伸びやかに連なるリビングダイニングのある家
リビングダイニングを中心に、外部テラスと、小上がりの和室を一直線に配置することで、伸びやかで開放的なリビングダイニングを計画しました。
  
  内と外をつなぐ、インナーテラスのある家
  内と外をつなぐ、インナーテラスのある家
横浜市内、40坪の土地、インナーテラスを設けることで、クライアントのプライバシーに配慮しながら、開放感あふれるリビングダイニングのある家です。
  
  開放的なダイニングルームのある家
  開放的なダイニングルームのある家
東京都中心部に建つ、木造3階建て。最上階に位置する開放的なダイニングルームが特徴的な住宅です。
  
  階段からの柔らかな光で満たされる家
  階段からの柔らかな光で満たされる家
眺めの良い高台に位置する、プラン中央に設けられた階段とテラスが特徴的な木造3階建ての住宅。
  
  天井高3.8mのリビングルームとリボンウィンドウのある家
  天井高3.8mのリビングルームとリボンウィンドウのある家
建坪9.0坪ながら、約3.8mの高い天井高を有する広々としたリビングルームが特徴的な住宅です。
  
  気持ちの良いテラスのある家
  気持ちの良いテラスのある家
川崎市高津区、都心から少し離れたエリアながら、駅から歩いて4分の住宅地の中にある土地。日当りのよいロケーションで、光の入り方を用途に応じて計画した住宅です。
  
  自然と繋がる山の裾野の住宅
  自然と繋がる山の裾野の住宅
小さな山の裾野に位置し、緑豊かな三角の敷地に建つ開放的な住宅です。
  
  桜テラスと大窓のある家
  桜テラスと大窓のある家
隣接する公園の桜を臨むことのできるテラスと大開口の窓を南側に配置しており、室内と屋外が緩やかに繋がり、プライバシーを守りながら開放的な空間構成となっているのが特徴的な住宅です。
  
  90度回転した凸型の狭小住宅
  90度回転した凸型の狭小住宅
90度回転した凸形のヴォリュームは、狭小地で、法規制をクリアしながら、機能的で効率よくクライアントの要望を満たす計画です。
  
  明るく伸びやかなリビングルームのある家
  明るく伸びやかなリビングルームのある家
東京都目黒区、敷地面積12坪の狭小地。建坪7坪の明るく伸びやかなリビングのある家を目指しました。
  
  スタッフ募集
  スタッフ募集
Boo-Hoo-Woo.comでは現在スタッフを募集しております。
 詳細はこちら
 
Boo-Hoo-Woo.com ハウジング モバイル版
Boo-Hoo-Woo.com ハウジング
モバイル版
消費税増税 住宅 時期
消費税増税と住宅取得
デザイン住宅ブログ
デザイン住宅 ブログ
進行中住宅プロジェクトをレポート。
売地情報
売地情報、毎日更新してます。
メルマガのみの未公開土地情報
メルマガのみの未公開土地情報。
土地求む
戸建住宅用土地を探しています。
施工会社・工務店募集
住宅建設のための工務店を募集中
 
デザイン住宅
 
 
お客様へ
デザイン住宅のプランニング・ご相談
 
土地探し依頼
 
中古物件探し依頼
 
デザインリノベーションのご相談
 
 
  パートナー募集  
     
  Twitter  
     
  ブーフーウー オフィシャルブログ  
     
  メールマガジン配信  
  新着不動産情報をはじめ
ライフスタイルと住まいに関する情報をいち早く配信いたします。
 
 
 
  電話
03-5456-5833
(受付は祝祭日を除く月〜日11:00〜19:00)水曜定休