ブーフーウー株式会社 ブーフーウー株式会社
 
 
 
デザイナー一覧 > 押野見邦英


>>>主な仕事


押野見 邦英
 Kunihide Oshinomi

デザイナー

■経歴
1965 横浜国立大学工学部建築学科 卒業
1965
〜66
  同大学助手
1966   鹿島建設設計本部
2001   KAJIMA DESIGN 退職
     
現在   k/o design studio主宰
横浜国立大学大学院非常勤講師
東京工業大学非常勤講師

■主な著作
1985 「インテリアウォッチング 」 鹿島出版会
1987   「インテリジェントビルのプランニングとディテール」 彰国社

■主な賞歴
1992 「大阪東京海上ビルディング」 BCS賞・軽金属協会賞
1995   「東京海上東日本研修所センター」 BCS賞・JCDデザイン大賞
1996   「木とカーテンウォールの家」 日本建築学会作品選奨
1998   「ECOLE de HAYAMA」 グッドデザイン金賞・BCS賞・大理石建築賞
1999   日本メンズファッション協会メンズデザインコンテスト 優秀賞


▲ページ・トップへ戻る
▲ページ・トップへ戻る

主な仕事

■大阪東京海上ビル

大阪城公園に近い新たなビジネスセンターに計画された27階建ての保険会社の第二本社ビルは、立地や施主から鑑みて日本の建築の伝統や文化を少なからず反映するものでありたいと考え、我が国の大規模木造建築の明快な構造表現を超高層の構造デザインに持ち込むとともに、日本建築に特有な抽象性を意図した。大スパンを可能とするため4本の組柱とさらには外部の飛梁からなる架構をデザインして、これらが織りなす格子の抽象表現を高めるため濃灰色の厚板アルミ板のクラッディングを採用した。自然光のもとで立体格子が造り出す明暗模様はハーフミラーのガラスに反射して複雑なパターンを造り出している。格子構造ならではの12mの高さを持つ開放的なロビーにはフランク・ステラのアートワークが飾られて話題となった。

建築業協会賞(1992年)
軽金属協会賞(1992年) 大
阪都市景観建築賞(1993年)

 

■木とカーテンウォールの家

変形で狭小な敷地に豊かな開放感をもたらすべく建てられた木造三階建ての住宅で、大断面の集成材による新たな木工法とそれを覆うビル用のアルミカーテンウォールが特徴である。この木工法は阪神大震災の木造家屋倒壊に見るような従来木工法に変わるものとして新たに発想されたもので、プレカットされた木をドリフトピンを使い組み立てるだけで堅牢な剛接合が可能となる。カーテンウォールはどのような外壁施工も可能であるが、ここでは複雑な形状のトップライトなどを容易に実現している。全体として木造であっても工業化を前提としたデザインでその簡潔な内外部表現が注目を集めた。

日本建築学会作品選奨(1998年)

 

■資生堂葉山研修所 ECOLE DE HAYAMA

相模湾を望む造成地の斜面に立地し、単なる企業研修所にとどまらずコーポレイトアーキテクチャーとして企業文化を表現することが求められた。その為アフォーダンスという知覚心理学の概念を導入してあらゆる空間情報を知覚情報として取り扱い、一貫した空間情報が与えらるようスペースデザインはもとよりテクスチャーや照明にも配慮したほか、サービスのプログラムまで見直した。例えば内外部に使われたチークやイぺ材は時間の経過を読み込み、施主が標榜するサクセスフル・エイジングを体現するためである。一方の竣工以来絶えることのないエントランスの蘭やカフェテリアのオープンキッチンはもてなしの心を伝えるためのものである。

グッドデザイン金賞(1998年)
建築業協会賞(1999年)
イタリア大理石建築賞(1999年)
日本建築士連合会奨励賞(2000年)

 

■hhstyle.com/sleep

ベッド周りからインテリアを提案するという新発想のインテリアショップで、大型ショッピングセンターの1階に位置する利点を最大限に生かして、高い天井高のギャラリーのようなスペースづくりが特徴である。浮游感のある移動間仕切りシステムにより自由な大きさのスペースがつくりだされ、ベッド周りのシーンが演出されている。

 

■KO Sofa

キュービックなアルミフレームに革のクッションを落とし込み、メタルと革のリッチなテクスチャーの対比を意図したデザイン。KO1からはじまり、背のみにアルミのフレームが残るKO2に発展、最後はアルミがすべて取り去られてクッションのみで自立するKO3バージョンまで造られた。イタリアならではの伝統的な革素材と縫製技術、そしてフレーム端部の無垢アルミ材の職人加工技術の両方が生かされてはじめて実現したデザイン。

 

■YO Chair

出尽くした感のある木椅子にあえて挑戦したもので従来の木工とは違った視点から軽快さと強度を力学の慎重なバランスに着目して検討し、新たな椅子デザインを生み出そうと努めた。最終的に微妙に湾曲したフレームとパネルとの一体構造を追求するこ とにより驚くほど軽く仕上がった。座が四角なため、アームレスを並べてベンチとし たり、片アーム等と組み合わせて多様な展開が可能なように工夫した。

▲ページ・トップへ戻る
イベント
  facebookはじめました
  facebookはじめました
プロジェクト情報、イベント情報を更新していきます。
  
  間口2.7m×奥行8mの細長ハウス
  間口2.7m×奥行8mの細長ハウス
都内、土地面積9坪の細長い狭小地に、間口2.7m×奥行8mの細長い住宅を計画したプロジェクトです。
  
  吹き抜けから光が差し込む、明るいリビングのある家
  吹き抜けから光が差し込む、明るいリビングのある家
都内、土地面積13坪、南側に10mを超える建物があるため採光が厳しい条件下で、吹き抜けを通じて、明るいリビングを計画するプロジェクトです。
  
  ダイニングキッチンを中心とした7坪の狭小住宅
  ダイニングキッチンを中心とした7坪の狭小住宅
東京都品川区、閑静な住宅街の中に建つ、木造3階建て住宅です。ダイニングキッチンを部屋の中心に配置することでキッチンを主体とした生活空間を実現しました。
  
   職住一体型、7坪の狭小住宅
  職住一体型、7坪の狭小住宅
東京都世田谷区、閑静な住宅街の中に建つ、木造3階建て住宅です。リビングダイニングは、外をしっかりと感じられる開放的な場所となり、プライバシーにも配慮した住宅となります。
  
  伸びやかに連なるリビングダイニングのある家
  伸びやかに連なるリビングダイニングのある家
リビングダイニングを中心に、外部テラスと、小上がりの和室を一直線に配置することで、伸びやかで開放的なリビングダイニングを計画しました。
  
  内と外をつなぐ、インナーテラスのある家
  内と外をつなぐ、インナーテラスのある家
横浜市内、40坪の土地、インナーテラスを設けることで、クライアントのプライバシーに配慮しながら、開放感あふれるリビングダイニングのある家です。
  
  開放的なダイニングルームのある家
  開放的なダイニングルームのある家
東京都中心部に建つ、木造3階建て。最上階に位置する開放的なダイニングルームが特徴的な住宅です。
  
  階段からの柔らかな光で満たされる家
  階段からの柔らかな光で満たされる家
眺めの良い高台に位置する、プラン中央に設けられた階段とテラスが特徴的な木造3階建ての住宅。
  
  天井高3.8mのリビングルームとリボンウィンドウのある家
  天井高3.8mのリビングルームとリボンウィンドウのある家
建坪9.0坪ながら、約3.8mの高い天井高を有する広々としたリビングルームが特徴的な住宅です。
  
  気持ちの良いテラスのある家
  気持ちの良いテラスのある家
川崎市高津区、都心から少し離れたエリアながら、駅から歩いて4分の住宅地の中にある土地。日当りのよいロケーションで、光の入り方を用途に応じて計画した住宅です。
  
  自然と繋がる山の裾野の住宅
  自然と繋がる山の裾野の住宅
小さな山の裾野に位置し、緑豊かな三角の敷地に建つ開放的な住宅です。
  
  桜テラスと大窓のある家
  桜テラスと大窓のある家
隣接する公園の桜を臨むことのできるテラスと大開口の窓を南側に配置しており、室内と屋外が緩やかに繋がり、プライバシーを守りながら開放的な空間構成となっているのが特徴的な住宅です。
  
  90度回転した凸型の狭小住宅
  90度回転した凸型の狭小住宅
90度回転した凸形のヴォリュームは、狭小地で、法規制をクリアしながら、機能的で効率よくクライアントの要望を満たす計画です。
  
  明るく伸びやかなリビングルームのある家
  明るく伸びやかなリビングルームのある家
東京都目黒区、敷地面積12坪の狭小地。建坪7坪の明るく伸びやかなリビングのある家を目指しました。
  
  スタッフ募集
  スタッフ募集
Boo-Hoo-Woo.comでは現在スタッフを募集しております。
 詳細はこちら
 
 
デザイン住宅ブログ
デザイン住宅 ブログ
進行中住宅プロジェクトをレポート。
売地情報
売地情報、毎日更新してます。
 
 
Service
Housing 住まい
 
Estate 不動産
 
Shop ショップ
 
 
  パートナー募集  
     
  Twitter  
     
  ブーフーウー オフィシャルブログ  
     
  メールマガジン配信  
  新着不動産情報をはじめ
ライフスタイルと住まいに関する情報をいち早く配信いたします。
 
 
 
  電話
03-5456-5833
(受付は祝祭日を除く月〜日11:00〜19:00)水曜定休