ブーフーウー株式会社 ブーフーウー株式会社
 
 
 
デザイナー一覧 > 西田 司


>>>主な作品
>>>ショップ取扱商品
>>>プロダクトハウス


西田 司
  Osamu Nishida

オンデザインパートナーズ
建築家

1976年  神奈川県生まれ
1999年  横浜国立大学卒業
      スピードスタジオ設立
2002年  東京都立大大学院助手(-07 年)
2004年  オンデザイン設立
2005年  首都大学東京研究員(-07年)
      神奈川大学非常勤講師(-08年)
      横浜国立大学大学院助手(-09 年)
      東京理科大学非常勤講師(-09年)
2010年  東北大学非常勤講師

<受賞暦>
2011年 JCDデザインアワード 銀賞 六本木農園FARM
2010年 ディスプレイデザイン賞 「六本木農園 」
2008年 グッドデザイン賞 「ムシェット夏の家 」
2007年 SDレビュー2007入選 GREEN DESTINATION
2006年 グッドデザイン賞 「伊豆アネックス」
2005年 神奈川建築コンクール2005優秀賞 
      「カレイドスコープハウス 」
2004年 ForestMore2004優秀賞「辻堂の家」 
2004年 街並み100選 西田邸
2003年 東京建築士会住宅賞 「茅ヶ崎の家」
2002年 日本建築学会作品選集 「葉山の別荘」
2002年 DANTOタイルコンテスト入賞 「ストリートインハウス」
2001年 TEPCO快適住宅コンテスト入賞 「ストリートインハウス」
2000年 TEPCO快適住宅コンテスト入賞 「西田邸」
2000年 東京建築士会住宅奨励賞 「西田邸」

 

主な作品
■軒下と小屋裏の家

文京区本郷は斜面が多く、この敷地も面積の半分以上の急な崖を持っています。もともと法面には樹木が多く茂っていたため、施主は、高木は残し景色としてできるだけ大きな窓から取り込みたいと希望していました。
一方、崖下に密集する中高層建築からの視線が室内に入らないことも希望していました。
そこで、本来ならば居住部分となる中間層を無窓の収納空間とし、「軒下」と「小屋裏」を通常の高さよりも大幅に拡張したような居住空間としました。「軒下」と「小屋裏」は非常に大きな窓を持ちますが、「軒下」のような1階では、軒の出によって崖の低木などの景色だけを住宅の中に獲得しています。また「小屋裏」のような2階では、窓の高さと向きによって周辺からの視線を気にせず高木の緑と空だけを感じることができます。
視線が届きやすい中間部を閉じ、「軒下」と「小屋裏」を開放的な居住空間とすることで適度な外部環境との関係性を生むことができます。

 

■ヨコハマアパートメント

ヨコハマアパートメントは、若いアーティストに、展示と作業、居住の場所を提供する4戸の集合住宅として計画され、現在はアーティストではない若者も居住しています。
敷地は、道が狭くて高低差があり、小さな木造住宅が密集して建つエリアであり、だからこそ「都市」や「街」とはちがう、コンパクトだけれど実感できる距離感が非常に生きている場所です。
私たちは、展示や作業ができる「広場」と居住できる「小屋」を用意することで、 居場所や使い方を状況に応じていつも発見できる環境になるのではないかと考え、 1階を周辺環境と直結した天井高5Mの半外部の共有広場、そこから各々の専用階段をぐるっと回って、2階の居住小屋に入るという構成を提案しました。
1階の共有広場は、近代建築の言語である「ピロティ」を単に空間の<形式>としてではなく、多様な生活を受け止め、助長するための<状況>として捉えた現代解釈であり、そこに『階段』と『3角形』という周辺環境から拾い上げた要素を加えることで、ここにしかない小さな世界を実現しています。

 

■ムシェット夏の家

制作会社ムシェット夏のいえ。主に脚本制作を行う。東京スタジオとの2拠点居住の実践。日常のふとしたシーンを映画で再描写するにあたり、都会にいるとつい忘れがちな、時間が動いていることに気付く感覚を求め東京を離れた。建築設計を映画制作と同様、時間芸術であると捉え、数人の男女がそこに集まり、そこで生み出す個々の日常(小さな出来事)を連ねた脚本をつくり、それを派生させて空間を創作している。皆と対話する時間や、独り物思いに耽る時間、全体を見渡せる事を好む時や影になる場所を好む時など、気分や周辺からの影響で、一つの建物(と自然)の中で各人が移動と滞在を繰り広げ、時間の経過に応じ有機的に絡み合うオムニバスな状況が描かれる建築。
空間を舞台と見立てると、舞台や袖や、黒子や背景が、場面に応じ切り替わり、 それぞれ居場所として現れる。この空間が新たな日常と次の脚本を生む。

 

■西田邸

作者の自邸。跳ね出したデッキによって道からの視線を防ぎつつ、隣の家の庭を望む借景空間。高さ3m60にも及ぶ木製サッシュは閉じている時は柱が林立しているような空間をつくり出し、開いた時は内部からデッキをとおして隣の庭までひとつながりに感じる内外一体空間をつくりだす。

 

■葉山の別荘

海沿いにたつ週末住居。海側に対して最大限開口するとともに 室内の仕上げ材をすべてガラスにすることで、海の風景や空の色合いが 壁面に映し込まれる。季節や天候によって様変わりする海や空の表情が 空間の仕上げとなって現れ、太陽の動きと共に刻一刻と変化していく。

 

■ストリートインハウス

旗竿状の敷地を最大限生かし、前面道路から敷地の最奥まで少しずつ 曲がりながら続く路地状の庭を設けている。どの部屋も路地状の庭に 対して大きく開いているので、住宅街の一角にありながらも庭を取り込んだ 開放的な生活が実現されている。

 

■茅ヶ崎の家

敷地20坪の狭小敷地にたつ住宅。どの部屋も外に空ける窓と同じように 隣の部屋に対しても窓を開けている。部屋と部屋が窓を通して連続していく ことで、隣のまた隣に見えている景色さえも空間の延長として感じられ、奥行きのある不思議な広がりを獲得している。

 

■龍ケ崎の家

庭と庭に挟まれるかたちで住居の各スペースがつくられている。 中から外、外から中、そしてまた外へと連続する空間体験が、内外の境界を曖昧にしていく。 庭と庭に挟まれるかたちで住居の各スペースがつくられている。中から外、外から中、そしてまた外へと連続する空間体験が、内外の境界を曖昧にしていく。季節の花々や木々の移ろいなど自然の変化を生活の中に取り込む。格子状の庇は、光を柔らかく透過し、時間と共に移り変わる影の表情を空間に刻み込む。 季節の花々や木々の移ろいなど自然の変化を生活の中に取り込む。格子状の庇は、光を柔らかく透過し、時間と共に移り変わる影の表情を空間に刻み込む。

 

■ 9坪ハウス キュウヘヤ

西田司デザインによる9坪ハウス。9坪ハウスのシルエットを残し、高さを6段階に分け、性格の異なる9つのヘヤをつくり出している。9つのヘヤは互いにつながりをもちつつ、それぞれが独自性をもちながら、一人の時間、家族や仲間との時間、生活の中の様々な場面を生みだしていく。
>>>9坪ハウスのホームページはこちら

プロダクトハウス

9坪ハウス キュウヘヤ
                  

 

ショップ取扱商品

ROJI-HON
ロジホン
\1,050
                  

 

BHWエステイト取り扱い物件

3階建てアパートメント
  
ヨコハマアパートメント
               
 
▲ページ・トップへ戻る
イベント
  facebookはじめました
  facebookはじめました
プロジェクト情報、イベント情報を更新していきます。
  
  間口2.7m×奥行8mの細長ハウス
  間口2.7m×奥行8mの細長ハウス
都内、土地面積9坪の細長い狭小地に、間口2.7m×奥行8mの細長い住宅を計画したプロジェクトです。
  
  吹き抜けから光が差し込む、明るいリビングのある家
  吹き抜けから光が差し込む、明るいリビングのある家
都内、土地面積13坪、南側に10mを超える建物があるため採光が厳しい条件下で、吹き抜けを通じて、明るいリビングを計画するプロジェクトです。
  
  ダイニングキッチンを中心とした7坪の狭小住宅
  ダイニングキッチンを中心とした7坪の狭小住宅
東京都品川区、閑静な住宅街の中に建つ、木造3階建て住宅です。ダイニングキッチンを部屋の中心に配置することでキッチンを主体とした生活空間を実現しました。
  
   職住一体型、7坪の狭小住宅
  職住一体型、7坪の狭小住宅
東京都世田谷区、閑静な住宅街の中に建つ、木造3階建て住宅です。リビングダイニングは、外をしっかりと感じられる開放的な場所となり、プライバシーにも配慮した住宅となります。
  
  伸びやかに連なるリビングダイニングのある家
  伸びやかに連なるリビングダイニングのある家
リビングダイニングを中心に、外部テラスと、小上がりの和室を一直線に配置することで、伸びやかで開放的なリビングダイニングを計画しました。
  
  内と外をつなぐ、インナーテラスのある家
  内と外をつなぐ、インナーテラスのある家
横浜市内、40坪の土地、インナーテラスを設けることで、クライアントのプライバシーに配慮しながら、開放感あふれるリビングダイニングのある家です。
  
  開放的なダイニングルームのある家
  開放的なダイニングルームのある家
東京都中心部に建つ、木造3階建て。最上階に位置する開放的なダイニングルームが特徴的な住宅です。
  
  階段からの柔らかな光で満たされる家
  階段からの柔らかな光で満たされる家
眺めの良い高台に位置する、プラン中央に設けられた階段とテラスが特徴的な木造3階建ての住宅。
  
  天井高3.8mのリビングルームとリボンウィンドウのある家
  天井高3.8mのリビングルームとリボンウィンドウのある家
建坪9.0坪ながら、約3.8mの高い天井高を有する広々としたリビングルームが特徴的な住宅です。
  
  気持ちの良いテラスのある家
  気持ちの良いテラスのある家
川崎市高津区、都心から少し離れたエリアながら、駅から歩いて4分の住宅地の中にある土地。日当りのよいロケーションで、光の入り方を用途に応じて計画した住宅です。
  
  自然と繋がる山の裾野の住宅
  自然と繋がる山の裾野の住宅
小さな山の裾野に位置し、緑豊かな三角の敷地に建つ開放的な住宅です。
  
  桜テラスと大窓のある家
  桜テラスと大窓のある家
隣接する公園の桜を臨むことのできるテラスと大開口の窓を南側に配置しており、室内と屋外が緩やかに繋がり、プライバシーを守りながら開放的な空間構成となっているのが特徴的な住宅です。
  
  90度回転した凸型の狭小住宅
  90度回転した凸型の狭小住宅
90度回転した凸形のヴォリュームは、狭小地で、法規制をクリアしながら、機能的で効率よくクライアントの要望を満たす計画です。
  
  明るく伸びやかなリビングルームのある家
  明るく伸びやかなリビングルームのある家
東京都目黒区、敷地面積12坪の狭小地。建坪7坪の明るく伸びやかなリビングのある家を目指しました。
  
  スタッフ募集
  スタッフ募集
Boo-Hoo-Woo.comでは現在スタッフを募集しております。
 詳細はこちら
 
 
デザイン住宅ブログ
デザイン住宅 ブログ
進行中住宅プロジェクトをレポート。
売地情報
売地情報、毎日更新してます。
 
 
Service
Housing 住まい
 
Estate 不動産
 
Shop ショップ
 
 
  パートナー募集  
     
  Twitter  
     
  ブーフーウー オフィシャルブログ  
     
  メールマガジン配信  
  新着不動産情報をはじめ
ライフスタイルと住まいに関する情報をいち早く配信いたします。
 
 
 
  電話
03-5456-5833
(受付は祝祭日を除く月〜日11:00〜19:00)水曜定休