ブーフーウー株式会社 ブーフーウー株式会社
 
 
 

デザイナー一覧 > 岩倉榮利


>>>主な作品




岩倉榮利
  Eiri Iwakura

KURAHAUS
家具デザイナー

1948年福島生まれ
1968年郡山デザインセンターを経て、
1970年I.C.S(インテリアデザイン科)卒業、同年(株)島崎信デザイン研究所に入所。
1975年フリーランス・デザイナーとして独立、(株)あとりえ・むにを設立、本格的なデザイン活動を開始した。
1981年岩倉榮利デザイナー・ショップ【ROCKSTONE】を渋谷パルコ・パートV3Fにオープン。以後、札幌パルコ6Fにもオープン
(1983年)
1982年岩倉榮利コレクション【ROCKSTONE SHOWROOM】を代官山パークサイトビレッジにオープン。
1985年岩倉榮利造形開発研究所を設立し、
1988年には(株)ロックストーンを東京永田町に設立。
1991年に(株)ピーピーエム・コーポレーションに社名変更し、【ROCKSTONE】ブランドを中心に、海外デザイナーや建築家シリーズなどプロデュース活動を進めている。

単なるデザインの提案にとどまらず、生産、販売という具体的な経営活動を通じて新しい【文化の在り方】と【生活の在り方】を提案し、従来のインテリアデザインの概念を超えた新しい展開を考えている。


1994年〜1996年 飛騨高山・名古屋・東京(OZONE)にて「日本の木の椅子展」の企画プロデュース。その後、木工職人合同ブランド【TAKAYAMA WOOD WORKS】を発表。
1996年〜1997年 静岡ダイナミクス事業にて、「不易流行」をテーマに快楽空間生活道具の企画・デザインプロデュース。
1999年9月 横浜MM21クイーンズタワーA・3Fに【KURAHAUS】ショールームをオープンする。
1999年〜2000年 日本インテリアデザイナー協会創立40周年記念事業、「日本の生活デザイン展」・・・・20世紀のモダニズムを探るの企画プロデュースを担当。
2001年 【TAKAYAMA・飛騨高山岩倉榮利と夢の仲間たち】展(6月リビングデザインセンターOZONE、9月飛騨高山美術館)にて開催。
同年 9〜11月福島県立美術館にて、
福島の新時代2001 SEVENROOMS【30CHAIRS・30YEARS】をテーマに出展。

『KURAHAUS』(クラハウス)

岩倉氏プロデュースによる「生活提案型」のdesigner's collection brand shopです。
生活空間の基盤ともいえる‘家具’は本体、「機能」と「デザイン」が重視されるべきものなのに、その造り手側のメッセージをうまく伝えるショップ作りがとても困難なものでした。

そこで、KURAHAUSは生活道具から空間づくりにいたるまでトータルにデザイナーのメッセージを伝える「オリジナル・ブランド」を確立し、前面に打ち出すことでEIRI IWAKURAの独自のライフ・スタイルを情報発信しています。また、同時にそこには、彼の思想に賛同して頂いた仲間たちのCRAFTMANの生活用品をセレクトし、生活のいろいろなシーンを提案できるようにしました。

日本人にとってもう一度、日本文化の『和』を見直せるスペースを提供し、今の生活様式に合わせた独自のスタイルをKURAHAUSは提案していこうと思っています。

「高山ウッドワークス」をはじめとする『インターナショナル・ジャパン』のデザイン性と機能美は、1999年1月に開催された「パリ展」でも高い評価を受けました.この新たなる『インターナショナル・ジャパン』というジャンルでKURAHAUSは、世界への進出を目指しているショップです。


▲ページ・トップへ戻る

主な作品


KAMUI 2 seater chair
W:1200 D:520 H:660 SH:415

1982年にデザインをしているカラス(ハイスツール)という漆とクロームメッキの素材コンセプトで発表しているが、カムイはほとんど同じコンセプトでイージーチェアのイメージを作り上げたものである。したがって素材的には漆仕様のもの4色(黒・朱・銀鼠・紺碧)、ウレタン仕様のもの2色(黒・朱)の計6色がある。また、強度の関係上脚部は15φのスチール使用。ちなみにCAMUI(カムイ)とは、アイヌ語で“神”という意味である。



■KABUTO side chair
W:430 D:490 H:800 SH:430

「KABUTO」(カブト)は、1986年ROCKSTONE(ロックストーン)ブランドの新製品として岩倉榮利十周年展(綱町三井倶楽部)にてデビューし、1989年ドイツのケルン国際見本市に出品。同年スウェーデンのINFOCOにて個展が催された。
1983年に、オリジナルの木製タイプに加え、NEW KABUTOとして、合板及びコードバンレザー仕様のニューバージョンがイタリアARPER社との共同開発を経て、日伊同時発売に至った。
フレームはスチールパイプに黒粉体塗装仕上、又はクロームメッキ仕上の2タイプ。背と座はポリウレタン塗装飴色染、黒、白の3タイプ。



■CARBON side chair
W:480 D:510 H:920 SH:420

様々な特性上、スポーツ・レジャー、航空宇宙、各種産業分野に広く使用されているCFRP「炭素繊維複合材」、通称カーボンファイバーを主素材とする家具のシリーズ。
高分子物質ポリマーの有する性質の内、とりわけ、高弾性率、高強度、軽量性「ねじれや引っぱりに耐える強さが鉄の5倍、重量はアルミの約半分」等を家具の機能性へと展開し、さらにCFRP特有の黒い網目模様を表情に生かすことを条件に、実験的意味も含み、その第1段階として商品化したものである。



■SLIT side chair
W:330 D:470 H:800 SH:450

「SLIT CHAIR」(スリットチェア)は、1991年(株)インテリアセンターの新製品としてデビューし、アイテムは木製4素材(マホガニー、ウォールナット、オーク、メイプル)のバリエーションを持ち、他にアームチェア、ハイチェア、テーブルを含むシリーズとして現在に至るまで生産されつづけている。
主題は人が椅子として使用する上でのミニマムな寸法値と、それを支持するシンプルな構造フレームによって、カフェ・ダイニングユースのチェアとして成立させることにある。その技術的及び意匠的解答として、木製の単一素材を使用することが選ばれ、背部、座部そのものを必要最小限の構造材とする考えの中から、連子格子の形態をデザイン手法化している。ミニマム中たちを追及する線上に、エレガントな解答案を模索するデザイン作業である。

▲ページ・トップへ戻る
イベント
  facebookはじめました
  facebookはじめました
プロジェクト情報、イベント情報を更新していきます。
  
  間口2.7m×奥行8mの細長ハウス
  間口2.7m×奥行8mの細長ハウス
都内、土地面積9坪の細長い狭小地に、間口2.7m×奥行8mの細長い住宅を計画したプロジェクトです。
  
  吹き抜けから光が差し込む、明るいリビングのある家
  吹き抜けから光が差し込む、明るいリビングのある家
都内、土地面積13坪、南側に10mを超える建物があるため採光が厳しい条件下で、吹き抜けを通じて、明るいリビングを計画するプロジェクトです。
  
  ダイニングキッチンを中心とした7坪の狭小住宅
  ダイニングキッチンを中心とした7坪の狭小住宅
東京都品川区、閑静な住宅街の中に建つ、木造3階建て住宅です。ダイニングキッチンを部屋の中心に配置することでキッチンを主体とした生活空間を実現しました。
  
   職住一体型、7坪の狭小住宅
  職住一体型、7坪の狭小住宅
東京都世田谷区、閑静な住宅街の中に建つ、木造3階建て住宅です。リビングダイニングは、外をしっかりと感じられる開放的な場所となり、プライバシーにも配慮した住宅となります。
  
  伸びやかに連なるリビングダイニングのある家
  伸びやかに連なるリビングダイニングのある家
リビングダイニングを中心に、外部テラスと、小上がりの和室を一直線に配置することで、伸びやかで開放的なリビングダイニングを計画しました。
  
  内と外をつなぐ、インナーテラスのある家
  内と外をつなぐ、インナーテラスのある家
横浜市内、40坪の土地、インナーテラスを設けることで、クライアントのプライバシーに配慮しながら、開放感あふれるリビングダイニングのある家です。
  
  開放的なダイニングルームのある家
  開放的なダイニングルームのある家
東京都中心部に建つ、木造3階建て。最上階に位置する開放的なダイニングルームが特徴的な住宅です。
  
  階段からの柔らかな光で満たされる家
  階段からの柔らかな光で満たされる家
眺めの良い高台に位置する、プラン中央に設けられた階段とテラスが特徴的な木造3階建ての住宅。
  
  天井高3.8mのリビングルームとリボンウィンドウのある家
  天井高3.8mのリビングルームとリボンウィンドウのある家
建坪9.0坪ながら、約3.8mの高い天井高を有する広々としたリビングルームが特徴的な住宅です。
  
  気持ちの良いテラスのある家
  気持ちの良いテラスのある家
川崎市高津区、都心から少し離れたエリアながら、駅から歩いて4分の住宅地の中にある土地。日当りのよいロケーションで、光の入り方を用途に応じて計画した住宅です。
  
  自然と繋がる山の裾野の住宅
  自然と繋がる山の裾野の住宅
小さな山の裾野に位置し、緑豊かな三角の敷地に建つ開放的な住宅です。
  
  桜テラスと大窓のある家
  桜テラスと大窓のある家
隣接する公園の桜を臨むことのできるテラスと大開口の窓を南側に配置しており、室内と屋外が緩やかに繋がり、プライバシーを守りながら開放的な空間構成となっているのが特徴的な住宅です。
  
  90度回転した凸型の狭小住宅
  90度回転した凸型の狭小住宅
90度回転した凸形のヴォリュームは、狭小地で、法規制をクリアしながら、機能的で効率よくクライアントの要望を満たす計画です。
  
  明るく伸びやかなリビングルームのある家
  明るく伸びやかなリビングルームのある家
東京都目黒区、敷地面積12坪の狭小地。建坪7坪の明るく伸びやかなリビングのある家を目指しました。
  
  スタッフ募集
  スタッフ募集
Boo-Hoo-Woo.comでは現在スタッフを募集しております。
 詳細はこちら
 
 
デザイン住宅ブログ
デザイン住宅 ブログ
進行中住宅プロジェクトをレポート。
売地情報
売地情報、毎日更新してます。
 
 
Service
Housing 住まい
 
Estate 不動産
 
Shop ショップ
 
 
  パートナー募集  
     
  Twitter  
     
  ブーフーウー オフィシャルブログ  
     
  メールマガジン配信  
  新着不動産情報をはじめ
ライフスタイルと住まいに関する情報をいち早く配信いたします。
 
 
 
  電話
03-5456-5833
(受付は祝祭日を除く月〜日11:00〜19:00)水曜定休