ブーフーウー株式会社 ブーフーウー株式会社
 
 
 
デザイナー一覧 > 上林壮一郎


>>>主な作品
>>>ショップ取扱商品
 


上林 壮一郎
 Soichiro Kanbayashi

STUDIO ARCHIMEDES

1967   東京生まれ。
1992   千葉大学大学院修了。
    京セラ株式会社入社。PHS、携帯電話、電話機などの情報通信機器のデザインに携わる。
1995   渡伊。
1996   ミラノ ドムスアカデミー卒業。
1996-99   スタジオ アンドレア・ブランジ勤務。
1999   スタジオ アルキメデス設立。
2000   拠点を東京へ移し、プライベートブランド「ISIKI(イシキ)」を立ち上げる。プロダクトから建築そしてメディアまでジャンルを超えた活動を展開している。
     
    プロダクトから建築そしてメディアまでジャンルを超えた活動を展開。1997年第10回コイズミ国際学生照明デザインコンペで銀賞受賞。「PRESENCE」「PRESENCE2」「PRINCIPIA ver.0」など多数の展覧会を主催、参加している。
     
   

掲載雑誌:「INTERNI」483号p218,「DONNA」1999.9月号p95,「domus」 809号p89,「Ottagono」 132号p150,「INTERNI KING SIZE 2000」,「NAVI」 1999.11月号p128,「Onore」 1999.10/31号p30,「CREATORS* FILE vol.2 」p126,「Casa BRUTUS」 2000.12月号p80,p130,「confort」 46号p68,p152、「INTERNI」513号p48等に関連記事掲載。

 

▲ページ・トップへ戻る

主な作品

■寿司バー 羆(ひぐま)
イタリア ミラノ、100平米、施工/カッターネオ アレダメンティ

もとバールであった空間を、寿司バーに改装したもの。既存の石の柱やレンガの壁、アーチ、床などをそのまま残すことが条件であった。それらを利用し、レンガの下端2m70cmの高さに石膏ボードで「ひさし」を設けた。下部を日本食にあう落ち着いた空間とし、上部をレンガの西洋的な空間とし、それらの対照的な性質のものが「ひさし」によって作られた境界面で出会うように意図した。

■PAGURO#SOGLIA 光の仕切り
1200×250×170mm、合板、プロトタイプ

箱の中の光がわずかな隙間から漏れ、壁や天井に細い光の線を投影する。この作品は、空間を借りないと成立しない。パグーロとはイタリア語で「やどかり」という意味。ソリアは「敷居」という意味。

■FIRE&WATER キャンドル立て
大:400×400×400mm、小:250×250×250mm
MDFに塗装、ガラス、アルミニウム  製造販売:ディルモス エディツィオーニ

板ガラスを境に手前にキャンドル、背後に水が入ったシリンダーが置かれている。火は、知識の象徴であり、この世の象徴である。水はイメージや潜在意識の象徴であり、あの世の象徴である。
キャンドルに火をともすと、板ガラスの上で火と水が共生する。

■コロン TR-101 サイドテーブル
大800×600×450mm、木に塗装、アルミニウム、プロトタイプ

いわゆる形態は機能に従うという命題に対するアンチテーゼとして、初めに形態を決め、そこに機能を落とし込む手法によって形態と機能の関係を見直す一連の作品コロンシリーズのサイドテーブル。脚部の置き方を変えて天板を付け替えることでテーブル、ソファテーブル、お膳の3段階の高さを楽しめる。西洋、東洋、そしてその中間のテーブルの高さを内包する家具。

(写真上:天板をはずして脚を回転し、別の脚に差し込むと高さが3段階に変わるサイドテーブル。/写真下:高さを変えた状態。中間の高さ。)

■LIBRERIA SEDUTA

2000年のミラノサローネで、ミラノのディルモス・エディツィオーニ社から「HIDDEN FURNITURE」シリーズとして発表された本棚。
高さとはなんだろうか?一見ベンチに見えるものは(実際ベンチとしても使えるのだが)高さが変わると本棚になる。高さという次元のリサーチ。


ショップ取扱商品

REM/照明
\80,850〜

 
▲ページ・トップへ戻る
イベント
  facebookはじめました
  facebookはじめました
プロジェクト情報、イベント情報を更新していきます。
  
  間口2.7m×奥行8mの細長ハウス
  間口2.7m×奥行8mの細長ハウス
都内、土地面積9坪の細長い狭小地に、間口2.7m×奥行8mの細長い住宅を計画したプロジェクトです。
  
  吹き抜けから光が差し込む、明るいリビングのある家
  吹き抜けから光が差し込む、明るいリビングのある家
都内、土地面積13坪、南側に10mを超える建物があるため採光が厳しい条件下で、吹き抜けを通じて、明るいリビングを計画するプロジェクトです。
  
  ダイニングキッチンを中心とした7坪の狭小住宅
  ダイニングキッチンを中心とした7坪の狭小住宅
東京都品川区、閑静な住宅街の中に建つ、木造3階建て住宅です。ダイニングキッチンを部屋の中心に配置することでキッチンを主体とした生活空間を実現しました。
  
   職住一体型、7坪の狭小住宅
  職住一体型、7坪の狭小住宅
東京都世田谷区、閑静な住宅街の中に建つ、木造3階建て住宅です。リビングダイニングは、外をしっかりと感じられる開放的な場所となり、プライバシーにも配慮した住宅となります。
  
  伸びやかに連なるリビングダイニングのある家
  伸びやかに連なるリビングダイニングのある家
リビングダイニングを中心に、外部テラスと、小上がりの和室を一直線に配置することで、伸びやかで開放的なリビングダイニングを計画しました。
  
  内と外をつなぐ、インナーテラスのある家
  内と外をつなぐ、インナーテラスのある家
横浜市内、40坪の土地、インナーテラスを設けることで、クライアントのプライバシーに配慮しながら、開放感あふれるリビングダイニングのある家です。
  
  開放的なダイニングルームのある家
  開放的なダイニングルームのある家
東京都中心部に建つ、木造3階建て。最上階に位置する開放的なダイニングルームが特徴的な住宅です。
  
  階段からの柔らかな光で満たされる家
  階段からの柔らかな光で満たされる家
眺めの良い高台に位置する、プラン中央に設けられた階段とテラスが特徴的な木造3階建ての住宅。
  
  天井高3.8mのリビングルームとリボンウィンドウのある家
  天井高3.8mのリビングルームとリボンウィンドウのある家
建坪9.0坪ながら、約3.8mの高い天井高を有する広々としたリビングルームが特徴的な住宅です。
  
  気持ちの良いテラスのある家
  気持ちの良いテラスのある家
川崎市高津区、都心から少し離れたエリアながら、駅から歩いて4分の住宅地の中にある土地。日当りのよいロケーションで、光の入り方を用途に応じて計画した住宅です。
  
  自然と繋がる山の裾野の住宅
  自然と繋がる山の裾野の住宅
小さな山の裾野に位置し、緑豊かな三角の敷地に建つ開放的な住宅です。
  
  桜テラスと大窓のある家
  桜テラスと大窓のある家
隣接する公園の桜を臨むことのできるテラスと大開口の窓を南側に配置しており、室内と屋外が緩やかに繋がり、プライバシーを守りながら開放的な空間構成となっているのが特徴的な住宅です。
  
  90度回転した凸型の狭小住宅
  90度回転した凸型の狭小住宅
90度回転した凸形のヴォリュームは、狭小地で、法規制をクリアしながら、機能的で効率よくクライアントの要望を満たす計画です。
  
  明るく伸びやかなリビングルームのある家
  明るく伸びやかなリビングルームのある家
東京都目黒区、敷地面積12坪の狭小地。建坪7坪の明るく伸びやかなリビングのある家を目指しました。
  
  スタッフ募集
  スタッフ募集
Boo-Hoo-Woo.comでは現在スタッフを募集しております。
 詳細はこちら
 
 
デザイン住宅ブログ
デザイン住宅 ブログ
進行中住宅プロジェクトをレポート。
売地情報
売地情報、毎日更新してます。
 
 
Service
Housing 住まい
 
Estate 不動産
 
Shop ショップ
 
 
  パートナー募集  
     
  Twitter  
     
  ブーフーウー オフィシャルブログ  
     
  メールマガジン配信  
  新着不動産情報をはじめ
ライフスタイルと住まいに関する情報をいち早く配信いたします。
 
 
 
  電話
03-5456-5833
(受付は祝祭日を除く月〜日11:00〜19:00)水曜定休